フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

2011年12月26日 (月)

3度目の昭和山「隊長!これは登山とは言わずサバイバルでは〜」の巻

遭難チックだった前回。
今回3度目の昭和山だ。今回の目的は「前回の逆回りで、他の人を次回連れてくるためのルート確認」と、「地図読み」の練習とのことで、いざ10時45分登山スタート。


まずは八墓村側の登山口へ。

S01
(この看板も見つけにくい)

横断する形で、隣にある「呪いのヤギ村」へ。

S02


隣村同士なのに、おつきあいは無いのか「八墓村」と「呪いのヤギ村」は?。人が行き交っている感じのない

S4


隣村に到着・・・が、ヤギ?の小屋にはヤギは見当たらない。きっと何かの儀式に。。。。消えたか?

S6

と、この辺まではおきらくな気分、さあ山に入って行くが

S7

予想どおり、だんだんと道がなくなり、沢を登って行く事に

S8

それなりに登りやすく、ここまま行くかとおもいきや・・・


やっぱり現れた、薮、薮、薮、薮、薮、薮

S9

一度目の昭和山は、薮に行き先を拒まれて断念した経験があるので、今回はこれくらいの薮はと突き進む。

しかしそれもつかの間、予想を遥かに超える茂みのボリューム。数メートル進むのにもやたら時間がかかる。

すでに2人は匍匐前進でのみ進める状態。(隊長〜いつか観たベトナム戦争のよーです。)

とうとう体一つ通る事もできず、リュックを取り何とか突き進むが、沢を上がるにつれ、薮の密集と
弾力が増してくる。(写真じゃ伝わらない・・・)
0000

それでも2人ともまったく戻るとか考えず進む「変なナチュラルハイ」になって這い上がる

が、とうとう別ルートを考えなければ進めなくなったので、右側の急な斜面を登り「尾根」に出る事にした。
S10

S11


あとは、尾根伝いに頂上へ。

S12

到着後、真っ先にしたのは体中についた枯れ葉や枝を取る作業。


今回も天気がよく、気候もいい。地獄の薮を匍匐前進しただけあって、頂上のビールは最高に美味い。

S13

さて、以前登ってきた側へ、下山

S20


本日通ったルートを度々確認する、隊長。

S21

あとは、下るだけ。
今回は、帰り道に迷う事はない。

無事、4時前あたりには、「八墓村」に到着。

S14

帰り道、やっと4回目で問題なく誰でも連れてこられる。と、話しながら若干の心地よい疲労とともに、家路に向かう。いまはとにかく風呂に入りたい。

2011年11月20日 (日)

天気がいい日は

山に行きたい天気だ。でも、明日の準備に本日は仕事。。。。

登山はじめて、一年たったか、経ってないか。
いったことのある山を想いだす。

高津子山(山じゃないけど)
名草山(これも山じゃないけど、山気分は楽しめた)
百間山渓谷
真妻山 2回
六十谷の山(名前解らず)
雲山峰
高城山(犬鳴山) 2回
龍門山
岩湧山
摩尼山〜楊柳山〜転軸山コース

つぎどこ行こうか、毎日NETで検索していて、あれやこれやを考えているのもたのしい。

2011年8月31日 (水)

明日は20時から

ハミングバード珈琲さんで、花火大会。 夏の最後をみんなで味わう。(とはいえ、まだ暑い・・)
その後は、ロジェチームで、最近出来た「UO」で騒ごうと、企む。
SURUGA君。覚悟していてね。

2011年7月28日 (木)

山の花の名前は

朝4時51分の天王寺行き快速で、バス乗り場に。

水曜日というのに、じーさん ばーさんの方々で48名

天王寺からバスに揺られて4〜5時間か?そこらへんで木曽の駒ヶ岳の下。
山道はバス乗り換えて約20分ぐらい。
そこから日本一早いのが自慢の「ロープウェイ」で、いよいよ目的の千畳敷に到着。
山頂は結構な人の数。

が、ほとんど霧。。。。しかも結構(予想はしていたが)寒い。

時折、さーっと霧が晴れて、おーーーっていう景色が見えたと思ったら、霧。

でも、自分たちが散策した時間がまだ一番霧が少ない方で、その後の人たちは
霧、霧、霧ということで、今回は隊長曰く「60点としておこう」と。

晴れて居たらとんでもなく綺麗だろう。
観光案内の兄ちゃんが高山植物を事細かく丁寧に説明しながら、千畳敷カールを48名ぞろぞろ歩く。

う〜ん、僕はクロユリ以外「チンなんたら」しか覚えていない。

2011年7月26日 (火)

明日 駒ヶ岳

朝、4時過ぎ 和歌山駅集合。いつものメンバーで。

時間的に、たぶん徹夜のままいくかも。
トイレ無しのバスで、寝よう。

いざ駒ヶ岳(ハイギング)。
天気ならうれしい。さっき予報を見たら「曇りのち雨・・・」。

ま、雨の山も良しとしよう。

Yama

きれいだろーな。山はいい。(頂上のビールが、一番)

2011年6月 9日 (木)

寺町天文館再生計画-取材

サンケイ新聞さんと、天文館へ。
Cimg1222
天文館をバックに写真撮影(僕の写真を記事にするらしい。。。)どんな記事を書いてくれるのか。
記事は楽しみだけど、僕の写真はいらないと想う。


ジャングルと化したプラネタリウム入り口。
Cimg1217

同じ敷地内にある「高城氏」の自宅。今は誰も住んでおらず、此処をカフェにしたいなーと想ってる。
Cimg1220

6/13日 和歌山大学 観光学部の学生さん達が見学にくる予定。
草をいい具合に掃除してくれれば、うれしいな。